第1回 一人ビブリオバトル

>チーン(開始の合図)

はい、今回私が紹介するのはこの本です。

f:id:omt35:20170727232341j:image

 

著者は『何者』や『桐島、部活やめるってよ。』でお馴染みの朝井リョウさんです。

 

タイトルは『風と共にゆとりぬ』です。

ゆとりぬという活用形を初めて見る方も多いと思います。

 

この本は、前作『時をかけるゆとり』につぐ第2弾のエッセイ本です。

 

しかし、ただのエッセイ本ではありません。

帯をよく見てみてください。

 

そうです、この本のウリは読んで得るものが特にないことなんです。それ、本当にウリなの?って疑いの目を向けてしまいそうです。

 

ただ、ご高説を垂れるような本が世に蔓延る中、朝井リョウさんのエッセイ本には一切そういうものがありません。むしろ対極に位置しているように感じます。

 

この本には、朝井リョウさんの残念で最終的にはもはや愛しくなるような日常(私たちにとっては非日常)が、これでもか!!!!!!というくらいにつまってます。

 

>チーン(制限時間まで残りあと半分の合図)

 

この本は3部構成となっていますが、特に眼を見張る章が、第3章の肛門記です!

打ち間違いではありません、肛門記です!!!

 

朝井リョウさんがとある(お尻の)病気をした時のことを述べていますが、よくもまあ自分の一大事をこんなにもおもしろく書けるな!という具合です。

 

あとこの章では、字のフォントやポイント数が乱れます。そこにも注目してみてください。

 

>チーン(残り1分の合図)

 

それから第1章で朝井リョウさんが初めてバイトをする話があるんですけど、私はその話を読んでリアル笑い泣きをしました。

 

あの時の顔を誰かに見られていなかったか不安で不安でたまりません。

 

この帯のうしろには、「電車の中で読めない本No. 1」という謳い文句がありますが、本当にそうだと思います。最初は抵抗して電車の中で読んでいましたが、拷問に近いものがありました。おすすめはしません。

 

ページは300ページをこえるものですが、あっという間に読めます。ぜひ、夏休みのお供に!!!

 

>チーンチーンチーン(終了の合図)

 

>質問コーナー(自問自答です)

 

Q1.どうしてこの本を手に取ろうと思ったんですか?

 

A1.前作『時をかけるゆとり』が自分のツボにはまりすぎて、次回作が出たら必ず買おうと思っていたからです。

 

Q2.『時をかけるゆとり』も同じような感じですか?

 

A2. 前作は朝井リョウさんが学生だった頃の残念エピソード(褒め言葉)が豊富で、今作は社会人になってからの残念エピソード(褒め言葉)がメインでした。ただ、どちらも声出して笑えることは間違いまりません。

 

Q3.自身も朝井リョウさんの様な体験をしたいと思いましたか?

 

A3. えっ、どうだろう……でも、読んでいて羨ましくはありました。学生の間に、もう少しお馬鹿なことをやっておけば良かったかなぁって思います。

でも、朝井リョウさんは社会人になってもお馬鹿なこと(褒め言葉)をやっているので、まだ間に合うかな。やりたいですね、お馬鹿なこと。

 

>では、時間も時間なのでこれで終わります。

>第2回はいつになるのやら果たしてあるのかどうかさえ分かりませんが、

>また開催したらその時はよろしくです。

 

>それでは

 

 

 

 

探しものはなんですか

平成29年7月24日 茨城県内某所

女は探しものをしていた。

気温30度を悠々に超える平日の昼間に、

孤独と罪悪感に苛まれながらの探しものである。

女は額から垂れる汗をものともせず、家中のありとあらゆる場所を探して回った。

ある時は自分の部屋の本棚、ある時はリビングのテレビ台の上。

無いだろうな、と思いつつも台所まで探しに向かう執念深さである。

その執念深さを例えるならば、さながら10年前に振られた男の電話番号を今でも記憶している程であった。

怖い。ストーカーの域である。

しかし、女の探しものは一向に見つからなかった。

女は一つ不安なことがあった。

過去の自分が間違えて捨ててしまったのではないか。

女の不安は大きくなるばかりであった。

女は必死にその可能性を否定しようとするが、その可能性を自身の中に見出した途端、

もはやその可能性しか信じられなくなった。

なんせ、女は生粋のおっちょこちょいだからである。

しかし、次の瞬間

「そんなことあってたまるか」

女はこうひとりごちた。

そう、女は諦めなかったのである。

世の中には、諦めなければ夢は叶うという言説がある。

そして、信じるものは救われるというものも。

女は断固として探し続けた。

それは、かつての受験シーズンの自分を彷彿とさせた。

信じられるものは自分だけ、一心不乱に目の前の志望校に向けて闘い続けたのである。

そうこうしているうちに、最後の砦へと足を進めた。

この場所になければ、もう探しようがないという場所である。

それは、受験でいえば2次試験の最終科目に似ている。

今まで上手くいかなくとも、ここで挽回できれば一発逆転できるかもしれないのだ。

女は、最後の望みをかけてその場所を開けた。

 

 

簡潔に言う。

そこには何もなかった。

 

 

女はここでようやく思い出した。

そういえば、受験期の最終科目も挽回できるほどの出来ではなかったな、と。

人生において、そうそう下克上劇など起こらないのである。

女は自嘲じみた笑みを浮かべると、

そのままクーラーがついた快適な部屋で不貞寝を開始した。

 

人生の探しものは未だ見つからない。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

いやあのね、どこ探してもないんだよね。

高校生の頃に買ったエクササイズDVDが。

最近いくら就活太りとはいえ、ちょいとやべーなと思い始めた(正しくは指摘された)ので、

暇もできたことだし、久しぶりにエクササイズしちゃう!?!?てな感じで意気込んだはいいものの。

 

肝心のDVDがありませんやん

 

完全にDVDを宛にしていた私は、絶賛この情熱をどうしてくれようという状況に陥っています。

この情熱の逃がし方を求めた行き先が、冒頭のなんじゃこりゃ小説もどきになるわけです。(そんなこと言われても…ですよねわかります)

 

仕方がない。人任せにしていたバチがあたったと思って、自分なりに考えながら励むことにします。

 

とりあえず、アイスを食べながら。

 

なんだか最近うさんくさい就活ブログ化していたので、ようやく本来の自分を取り戻せた気がします。

 

失くしたものと引き換えに、本来の自分を手に入れたんですね。人生ってよくできてるなあ。

 

 

やかましいわ。

 

 

それでは。

鋭意作成中です

こんにちは。気づいたら7月に入ってはや1週間を過ぎようとしてますね。暑くて早くもへばっている23歳ならここにいます。

 

今日投稿したのは、このブログを見て頂いている皆様にご報告があるからです。前のようなハッタリでもなんでもなく、この度就活を〆ることができました。

 

まだ内定承諾書の提出や他社の辞退を行なっていないので、完璧に終わったとは言い切れませんが。事実上、就活を終えることができました。

 

私のしたいようにさせてくれた両親、

就活の極意を伝授してくださった先輩方、

時に愚痴を言い合い時にライバルとなった戦友たち、

結果を聞かないでいてくれた後輩、

2月から一回も行ってないのに受け入れてくれようとしてるバイト先の方々、

この度内定を出してくれた御社、

 

そしてこのブログを覗きにきてくれる皆様、

本当にありがとうございました。

 

就活は一人でやるものじゃないということを実感しました。

 

個人主義やら自己責任論などが蔓延っているこんな世の中でも、やはり何かをやり遂げるためには自分一人だけではできず、誰かの力を借りなければならないということですね。

 

もちろん、誰かの力をお借りしたからには、今度は自分が持つ力を誰かのために使う必要があると思っています。押し付けがましくならないように。

 

でも、これって結構難しいですよね。就活を体験した身からして、なんでもかんでも口出ししたくなっちゃいます。

「○○はこうすべき」「△△はだめ」「□□すればうまくいく」などなど。

 

でもそれって、あくまで私たちが私たちなりに体験したことであって、必ずしも万人共通なことではないんですよね。

 

面接準備にしても、業界・企業研究のやり方にしても、自己分析の方法にしても、オリジナルなやり方で私たちは戦ってきているわけです。

 

その過程にはいくつもの成功と失敗があって、ああでもないこうでもないと言いながら、完成版を作りあげたわけです。だから、闇雲にああしろこうしろと言っても、その過程を知らなければ全く意味のないアドバイスになると考えます。

 

ということで、

f:id:omt35:20170705130046j:image

 

現在この様なものを作成しております。

 

いやー、ここまでの前置き長すぎますね。自分で自分にびっくり。

 

この大反省会の狙いは、結果だけを伝えてアドバイスをした気になっている元就活生にグーパンチすることです。

 

うそです。

 

本当の狙いは、私の就活を通して得た成功や失敗がどういう経緯だったのか、を後輩の皆さんにお伝えしたかったからです。

 

○○すべきや△△はしない方がいいという結論に至った経緯を伝えることで、

 

「○○は自分には適さなそう」や「自分はこう考えるから△△やってみようかしら」ということにつながると考えたからです。

 

要は、アドバイスを鵜呑みにしないで、批判的に考えて欲しいという完全なる老婆心です。

 

「そんなもんなくても自分大丈夫だから」と仰る方ももちろんいると思います。もう、これは自己満以外のナニモノでもないので、無視して頂いて構いません。押しつけるのは違うと思ってるからね。

 

私は、約半年後に迫る就活解禁に少しでも不安を抱えている人の、ちょっとした心の支えになれたらと思っています。例えるなら、座椅子の背もたれくらい。

 

ただね、果たしてこの大反省会が需要のある代物なのか全くもって分からないから、どうやって活かそうか悩み中です。

 

もし、万が一、億が一、もらって頂ける方がいれば、とても嬉しい限りです。

 

もし該当する方がいなければ、個別相談の少しの足しにしようかな。保護者の方にちゃんとお伝えできるように、文言はもう少し変えるけど…(笑)

 

もらって頂ける方には、個別で連絡くだされば何らかの方法で必ずお渡しします。データでも、紙媒体でも。

 

ひとまず、もしもらってもいいよ、という方がいれは私に個別に連絡ください。

 

読んで後悔させない内容となってますので、

何卒よろしくお願い致します。

 

それでは、報告兼宣伝を終わりにしたいと思います。

 

一難去ってまた一難、今度は卒業論文執筆が待っています。卒論書くことになる4年生はがんばろうね(血涙)

 

それでは。

 

※先ほど不具合が発生したようで申し訳ありませんでした。

 

半年記念日

こんばんは、相も変わらず鈍行更新続けている私です。でも今月は月に2回投稿したから、5月よりは進歩だ。このまま月3ペースになりますやうに。他力本願は得意だよ。

 

さて、私事ではありますが、つい先日半年記念日を迎えました。あっという間といえばあっという間でした。長かったといえば長かった半年でした。ただ、いつでも寄り添いながら、時に笑い時に泣きながら、半年という月日を共に過ごさせて頂きました。

 

御察しの通りで御座います。

 

 

 

 

 

本ブログ開設から(約)半年が経ちました〜〜イェイェーイ〜〜パフパフ〜〜〜〜ドンチャンドンチャン〜〜ヤンヤヤンヤ〜〜〜〜

 

今の時代ってすごいね。ブログ開設から半年経ったよーって運営側からメールで知らせてくれるんだね。メールくるまで全く気づかなんだ。

 

とってもとっても嬉しいことに、このブログに対してお褒めの言葉を頂くことが多々あります。

 

くだらない・更新率最悪・コレジャナイ感(仮にも女子大生のブログなのに)というニュータイプの3Kをもれなく満たしているのにも関わらず、です。読んでくださる方がいるだけで内心ウハウハですが、更に褒めてくださるなんて。

 

皆さんの方向に足向けて眠れませんね。今晩から体育座りしながら寝ようと思います。冗談です。

 

本当にいつもありがとうございます。

これからもニュータイプ3Kを貫き通す気しかありませんが、それでもよろしければまた覗いてくださると幸いです。

 

いつまで続けようかまだハッキリ決めているわけではありませんが、少なくとも大学在学中は更新続けてみようかなと考えています。

 

ほら、大学卒業したら、きっと物思いにふけたくなるじゃん。でもSNSに書くのはみんなしそうだから嫌じゃん。あと色んな人が閲覧できるから正直な気持ち書けない恐れも出てくるじゃん。

 

そんな時にね、コレですよ。(回しもんじゃないです)

一応このブログも誰でも見ることはできるけど、鍵垢にしている私のTwitter開いてわざわざブログに飛んでくれるお方早々いないからね。

いわばホームみたいなものですよ。やったぜ。

 

あと、上限分からないけど、相当書き込めるから余すことなく書けそう。…あれ、自分の大学生活過信し過ぎかしら。1000字程度で終わったらどうしよう。そうなったら字数稼ぎに変な議論持ち込もう、そうしよう。

 

こんなこと書いている間に、もう1000字だからね。たった何分かに頭の中で考えていることを文字に起こして1000字って、一日中やってたら何万字になるんだろうね。誰かやってみて。私はやらないけど。

 

 

というわけで(?)、今後ともニュータイプ3Kブログをどうぞよろしくお願い致します。

 

それでは。

ご報告

こんばんは、オモテです。

いよいよ6月ですね。お恥ずかしながら、5月は1回しか更新していませんでしたね。

月に2回更新するならまだしも(それも頻度少ないけど)、月1って存在忘れられてもおかしくないレベルですよね。

 

それでも見てくださってる方がいるって嬉しいことです。いつもありがとうございます。

 

さて、ご報告の件です。

まあ、今のこの時期にご報告と言われて、察しがつく方もおられると思いますが。

 

ええ、わたくし、就職活動を

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

絶賛続行中でございます。

 

びっくりした??びっくりした?????

 

いやだってさ、今までアクセス数0とか多くて5とかの日が多いのに、6月1日にドギャアアアンと高くなってたからさ。

そういう意味も含めてのアクセス数ドギャアアアンなのかと…あ、違ったらごめんなさいね。

 

6月1日になって就職活動を終えられてる方も少なくないようですが、私はまだまだ続けるつもりです。志望業界がそもそも遅めの選考行う業界なので仕方ないと言えば仕方ないのですが。

 

そういえば、この前ある程度選考が進んでる企業に今までの私をフィードバックして頂いたんですけど、すんごいおもしろかったのでご紹介します。

 

まず、私の第一印象は言動含めてしっかりしている・落ち着いている印象らしいです。まあその辺はよく言われるし(そして後に化けの皮が剥がれる)、そう思ってもらえるように振舞ってきたので、よしよし作戦通りだと思っていました。

 

しかし、続けて担当の方はこうおっしゃいました。「表さんみたいなタイプって上司によって2極化するよね」と。詳しくはこうです。私にとってとても良い(相性などもろもろ含めて)上司だったら、すごい伸びる。でもそうじゃない上司だったら、最悪の場合仕事やめてると思う。

 

ここで私は初めて手相を見てもらった人ばりにこう言いました。「え、あたってる・・・」

 

振り返ってみると、思い当たる節がいくつもいくつもあります。

特に、今まで出会ってきた担任の先生は特にそうです。合ってないから学校やめたとかそういうことは一切ありませんが、少なくとも勉強にやる気を見出せず、成績も低空飛行を続けていました。

 

しかし、この先生に着いていきます!!!ってなったらそらもう一直線でした。成績も、トップとは言いませんが、それなりの成績だったと思います。現に、今の大学の成績を見返しても、この先生の授業好きだ!!!という授業はS、この先生あかんわ合わんわという授業はCが多いです。

 

ここで私が言いたいのは、別に成績自慢でもなんでもなく、見てくれているところは見てくれているんだなぁ、ということです。

 

面接なんて、集団で1時間個人で40分もやっていれば長めの方だと思います。しかし、その時間、私たち就活生は少しでもよく見られようと何枚も何枚も化けの皮を被っていると思います。

 

そんなことない、私はありのままで勝負しているという方もいると思いますが、じゃあ実際家モードで面接臨んでるのか?と問われると素直に首を縦に振ることができないと思います。

 

そんな中で、その人の本質の性格を見極めることって骨が折れる作業だと思います。

 

仕事だから当たり前、なのかもしれません。

ただ、私の様な凡人就活生から見たら、そんな難しいことを当たり前にこなしてることがただただ凄いなぁと。

 

自分も社会人として働くようになった時に、学生の立場から見て凄いなぁと思われるような存在になりたいですね。別に採用活動じゃなくていいんだけど。あ、でも5年目くらいに採用活動に携わりたいとは思ってるけどね。

 

まあ、そんなこと言ってる暇あったら、早く就活終わらせろよって思われるかもしれないけどね。いいんです、いつ終わろうが入社式は4月1日だ。

 

まだまだこれから。

 

そして余談なんですけど、そのフィードバックで「表さんは小手先の就活テクニックでカバーしてる節あるよね」って言われたんだけどさ、

そんなもんあったら是非教えて頂きたいわ土下座でもなんでもするから、って思いました。はい。

 

 

なんだか最近就活の話ばっかりですみません。

でも今しか書けないことなので、これからも遠慮せずに書きます、すみません。

 

それでは。

 

 

 

一流は、環境を創る

久方ぶりです、オモテです。

今日はちょっとモヤモヤしたことがあったので、吐き出させてもらいます。

そんなもん見たくねーよというそこのあなたは急いで閉じましょう。

 

今日はとある企業の会社説明会に行って参りました。会社概要、社員の方々のお話、と進み最後の質問タイムになりました。まあ、みんな仕事のやりがいとか入社前と入社後のギャップとか、オーソドックスなこと聞くわけですよ。

 

そんな感じで順調に進んでいくと思われた質問タイムに、爆弾が投下されました。

ある女子就活生の質問です。以下、彼女の質問事項です。

 

 

「貴重なお話ありがとうございました、○○大学の△△と申します。女性社員の方にお聞きしたいのですが、御社は女性が働きやすい職場ですか?」

 

WHAAAAAAAAAAAAAAAAAAAT!?!?!?!?!?!?

 

あの、落ち着いて考えて欲しいんですけど、

もしその様な質問がなされた場合、

「いやー、女性はちょっと厳しいっすわ。正直足手まといだと思ってますw」

なんて答える企業あると思いますか??

今の時代に、その質問に対して馬鹿正直にNOと答える企業あると思いますか???

 

無いんですよ。いや、私も日本全国にある全ての企業の説明会に参加した訳ではありませんので、100%そうかとも言い切れないけど。

99 .9%は「女性も働きやすい職場です!」って答えると思います。だってそうでもしないと、社会的な立ち位置失ってしまうから。

 

そんなね、ほぼほぼ決まりきった答えが出るであろう質問をして、何か得るものがあるのでしょうか。

 

あと、私は仕事がしやすい環境は自分で創るもんだと思ってます。これは男性女性限らず、というか職場でなくてもそう。私たちはこれまで何度も社会的なコミュニティに身を置き、その集団・組織の中でどの様に振る舞えば良いか学習してきたはずです。

幼稚園・保育所から小学校、小学校から中学校、中学校から高校、高校から大学、と勝手が違くて最初は戸惑ったこともあったけど、何度も試行錯誤しながら環境を整えていったはずです。自分の居心地がいいように。

 

それは、大学から会社に入る際も同じなのではないでしょうか。

大学と会社、勝手が違くて当然です。ただ、一つ言えるのは、待ちの姿勢はこれまで以上に通用しないということ。自分で環境を整えていく他ないんです。

これは、どの業種・職種でも同じでしょう。

 

希望の企業に入ったって入らなくたって、新入社員がまず最初にやることは、環境づくりだと思います。

 

そうでなくてはならないはず、というか当然のことであるはずなのに、なんでそうも待ちの姿勢なのか、逆質問かましたいくらいです。

 

そもそも、「女性が働きやすい職場」ってなんなのかって話です。育休・産休のことを聞きたいならダイレクトに聞けばいいし、わざわざ濁す意味がよく分かりません。

 

失敗してもえへってすれば怒られない職場??重たいものを運んでフラフラしていたらすかさず男性社員が3,4人寄ってくる職場??

そんなもんが自分の目指す職場なの???

 

男女平等、男女平等と叫ばれている現代ですが、実際のところどうなんでしょうかね。

 

もし、男女平等という概念がきちんと存在しているような世界なら、「女性が」働きやすい職場かどうかなんて質問、出るはずがないと思うんですけど、どうでしょうか。

 

私は、この質問を聴いてある言葉を思い出しました。

「一流は環境を創る、二流は環境を楽しむ、三流は環境を嘆く」

 

 

ことこの問題に関しては、一流でありたいですね。

 

 

無駄にまくしたてて失礼致しました。

モヤモヤが少し晴れた気がします。

でもまだ足りないので、今度誰か捕まえて話してしまうかもしれませんが、嫌なら逃げてください。

 

それでは、

 

鶏口となるも牛後となるなかれ

こんにちは。オモテです。今月の25日をもって、20歳も3年目に突入しました。お祝いしてくれた皆様、ありがとうございました。

 

ものすんごい唐突なんですけど、いい歳こいて「こんにちは」を「こんにちわ」と書く人種に嫌悪感を覚える側の人間です。本人がいいならそれでいいけどね。内心(だめだこりゃ)って思っています。人間ってのは、エゴの塊ですね。

 

冒頭から話がそれにそれまくっていますが、こんにちわ人間のことは脇に置いておいてください。本日お話したいことは、座右の銘についてです。

 

皆さんは、座右の銘ってありますか?

座右の銘って名前が既にかっこいいですよね。

座右の銘があるともっとかっこいいですよね。

 

そんな、座右の銘。私にはあります。というか、正確には段々コレ座右の銘じゃね?って思えてきたものが出てきました。

それが、タイトルにもある通り、『鶏口となるも牛後となるなかれ』です。

 

この言葉を知ったのは、今は昔高校2年生の頃の漢文の授業です。当時、漢文の参考書を机の上に置いて授業を受けていた私は、何気なくパラパラと漢文の参考書をめくっていました。

漢文は、古文のようにまわりくどい言い方をせず、潔い登場人物が多い印象だったので、少し関心があったのだと思います。

 

そこで偶然見つけた言葉が、『鶏口となるも牛後となるなかれ』でした。最初はなんのこっちゃ?って思いました。だって、「鶏の口はいいけど牛のお尻にはなったらアカンよ」っていきなり言われても…って感じしませんか?

 

しかし、漢文の参考書はちゃんと意味も書いてくれています。良心的ですね。

その意味とは、「大きな集団(牛)の中でビリ(お尻)となるよりも、小さな集団(鶏)の中で一番(口)となる方が良い」というものでした。

 

なんですか、この座右の銘感。出てますよね、座右の銘感。

 

単なる慰め、と捉えられる方ももちろんいらっしゃると思います。大きな集団の中でてっぺんとらないと意味ないとおっしゃる方もいらっしゃると思います。

 

しかし、私の生き方には、これが当てはまっているんじゃないかな、と思うようになりました。いわゆる、悟りに近いものがあります。

 

だからどうこう、と言った話ではないのですが、23歳、あ、20歳と3年目に突入した今、これを座右の銘に見据えていこうかな、という想いがあります。

 

就職活動ってすごいですね。一人の人間の座右の銘まで決めさせてしまうとは。いやはや、恐れ入りました。

 

最後に、私が就職活動中鬼リピしている絢香の「夢を味方に」の冒頭部分で締めたいと思います。

 

泣いて 笑って 悩んで そんな日々が全部全部未来へ

 

それでは、また。

 

 

p.s.今夜の世にも奇妙な物語絶対観ような